麻布東京デンタルクリニック(港区南麻布)Azabu Tokyo Dental Clinic (Minamiazabu Minato-ku) 広尾駅より徒歩6分の歯科クリニック インプラント歯科・予防型歯科治療・かみ合わせ治療(補綴歯科)

院長 Dr.脇 智典

家族や仲間に安心して提供出来る医療だけを提供致します

わたしたちの4つのミッション

  • 1.日本独自のシステムにとらわれることなく、世界に存在する最先端の医療を皆さまにお伝えします。私たちが提案する最先端の医療は、患者さんがあきらめていた口元の悩みを解決することが可能です。
  • 2.「健康維持のために、体の入り口である口をメンテナンスする」。この思いを世間に広めていきます。「治療で通うのではなく、予防に通う」。これが定着すれば自分の歯で食事を生涯楽しむ人が増えます。
  • 3.一流ホテルのホスピタリティと、友人の家に遊びにきたような居心地で、歯科のイメージを変えます。「治療以外のストレスを可能な限り少なくしたい」。スタッフ全員がこう願い、様々な工夫を重ねています。
  • 4.国際的な舞台でも、美しい歯と笑顔で見る人を魅了できる日本人を輩出していくことに貢献します。「日本人は綺麗好きだけど、口元への美意識は低い」。この残念な通説を変えることが、私たちの使命です。

脇 智典 Tomonori Waki. D.D.S.. Ph.D

  • 大阪大学大学院臨床講師
  • 大阪大学歯学博士
  • 米国ロマリンダ大学歯学部インプラント歯科学 Certificate
  • 日本補綴歯科学会認定専門医
  • 日本歯科審美学会認定医・評議員
  • 米国インプラント歯科学会(AAID)認定医(Associate Fellow)

自由診療方式による国際レベルの予防型先進診療と徹底したホスピタリティには、医療従事者をはじめ、アスリート、経営者、健康志向が高い方々からの厚い信頼が集まる。米国で研鑽を積んできたその豊富な臨床実績と研究知識に裏打ちされた親身で真摯な姿勢には、国内外から距離を越えて信頼を寄せる人が後を経たない。研究者として国際的な学会発表を行う中で、世界各地の友人との再会が楽しみのひとつ。大阪大学大学院臨床講師として毎月レクチャーを行い、教育の分野でも日本の歯科界に貢献を行っている。学生時代はボクシングの国体選手で、ハートと肉体の強さも兼ね備えている。休日には妻子と過ごすことが大好きな良きパパでもある。大阪大学大学院卒。米国ロマリンダ大学大学院インプラント歯科学卒。

経歴

1974年
  • 山口県防府市出身
1999年
  • 朝日大学歯学部卒業
  • 大阪大学大学院歯学研究科歯科補綴学第一講座入局
  • 大阪大学歯学部附属病院研修医
2000年
  • 大阪大学歯学部附属病院研修医修了
  • 大阪大学大学院入学
2004年

  • 大阪大学大学院博士課程修了
  • 大阪大学歯学博士取得
  • 大阪大学歯学部附属病院第一補綴科医員就任
  • 大阪歯科学院技工士学校非常勤講師就任
2005年

  • 日本補綴歯科学会認定医取得
  • 日本歯科審美学会認定医取得
  • 約7年間在籍した大阪大学大学院
  • 歯学研究科歯科補綴学第一講座を退局
2006年

  • 米国ロマリンダ大学歯学部 インプラント歯科学講座へ留学
  • 米国ロマリンダ大学歯学部インプラント歯科学講座プレセプター
2008年

  • 米国ロマリンダ大学歯学部インプラント歯科学講座フェロー
2009年

  • 米国ロマリンダ大学歯学部インプラント歯科学講座フェロープログラム修了
  • 米国ロマリンダ大学歯学部インプラント歯科学講座よりCertificate授与
  • 約4年間在籍した米国ロマリンダ大学歯学部インプラント歯科学講座を退局し帰国
2010年

  • 日本歯科審美学会評議員就任
  • 米国インプラント歯科学会(AAID)
  • 認定専門医(Associate Fellow)取得
2011年

  • 麻布東京デンタルクリニック開院
  • 大阪大学大学院臨床講師就任
2014年

  • 大阪大学大学院臨床准教授就任
  • 日本歯科審美学会理事就任

所属学会

  • 日本補綴歯科学会(認定専門医)
  • 日本歯科審美学会(認定医および評議員)
  • 米国インプラント歯科学会(AAID)(認定専門医(Associate Fellow))
  • 米国インプラント学会(AO)
  • ヨーロッパインプラント学会(EAO)
  • 米国歯周病学会(AAP)
  • 国際歯科学士会(ICD)
  • 日本口腔インプラント学会

ページTOPへ

論文・著書

2016年

Waki T, Hatate K. Direct Bonding With New-Generation Flowable Composite Resin and a Zirconia All-Ceramic Crown: Restoration of Midline Fracture Using a Silicone Jig and Transparent Silicone Key. Journal of Cosmetic Dentistry, 2016, Vol.32, Number 2, 38-46.

Waki T Kan JY.

Immediate placement and provisionalization of maxillary anterior single implant with guided bone regeneration, connective tissue graft, and coronally positioned flap procedures.

The International Journal of Esthetic Dentistry, 2016 Summer; 11(2): 174-185.

Waki T, Kan JY.

Sofortimplantation und provisorische Sofortversorgung eines oberen

Einzelimplantats im Frontzahnbereich mit gesteuerter Knochenregeneration, Bindegewebstransplantation und koronalem Verschiebelappen.

The International Journal of Esthetic Dentistry, Jahrgang 11, Nummer 2, Summer 2016, 184-195.

脇 智典.

Immediate Implant Placement and Provisionalizationを行う際に歯頸線の位置を保つための診断のポイント; The Diagnostic Key Point for Saving The Gingival Line in the Esthetic Zone with Immediate Implant Placement and Provisionalization.

日本補綴歯科学会誌, 2016, 第8巻2号, 173-178.

2014年

脇 智典.

マテリアルを使いこなそう! ⑧歯科充填用コンポジットレジン クリアフィルマジェスティーESフロー.

the Quintessence. 2014, Vol.33 No.8 197-199.

2011年

Kan JY, Roe P, Rungcharassaeng K, Patel RD, Waki T, Lozada JL, Zimmerman G.

Classification of sagittal root position in relation to the anterior maxillary osseous housing for immediate implant placement: a cone beam computed tomography study.

Int J Oral Maxillofac Implants. 2011 Jul-Aug;26(4):873-6.

2008年

プロソドンティクス21, 共著, 末永書店, 2008.メタルフリーレストレーションの材料学および形成について執筆

2007年

中村隆志,大山龍男,脇 智典,矢谷博文:審美補綴(1)

オールセラミックス A,The Quintessence Year

Book 2006-2007,230-231,2007.

2006年

若林一道, 脇 智典, 中村隆志, 矢谷博文:  Part5

グラスファイバー補強クラウン・ブリッジの技工・臨床 3. グラスファイバー補強インレーブリッジの技工・臨床, 歯科技工別冊 最新歯冠修復用コンポジットレジンと各種ファイバーの臨床・技工, 170-175, 2006.

脇 智典:  上顎左側中切歯の単冠補綴により歯間乳頭を再建させた症例, 日本補綴歯科学会雑誌, 50(3), 441-444, 2006.

Nakamura T, Oyama T, Waki T, Kinuta S, Wakabayashi K, Mutobe Y, Takeno N, Yatani H. Stress analysis of endodontically treated anterior teeth restored with different types of post material. Dent Mater J. 2006, 25(1): 145-150.

Waki T, Nakamura T, Nakamura T, Kinuta S, Wakabayashi K, Yatani H. Fracture resistance of inlay-retained fixed partial dentures reinforced with fiber-reinforced composite. Dent Mater J. 2006. 25: 1-6.

2005年

中村隆志, 大山龍男, 脇 智典, 矢谷博文:  審美修復1 ベニアとオールセラミックス, The Quintessence Year Book 2005, 190-191, 2005

脇 智典: グラスファイバーを用いたメタルフリーインレーブリッジの力学的研究と臨床(パート1)― 材料の力学的特性およびFRCの補強量が積層試料の破折強度に及ぼす影響―, QDT, 30 (7), 808-814, 2005.

脇 智典: グラスファイバーを用いたメタルフリーインレーブリッジの力学的研究と臨床(パート2)― FRCと歯冠色コンポジットレジン間の接着強度が積層試料の破折強度に及ぼす影響―, QDT, 30(8), 936-942, 2005.

Nakamura T, Oyama T, Waki T, Kinuta S, Wakabayashi K, Takano N, Yatani H. Finite element analysis of fiber-reinforced fixed partial dentures. Dent Mater J. 2005 Jun; 24(2):275-9.

2004年

Waki T, Nakamura T, Wakabayashi K, Mutobe Y, Yatani H. Adhesive Strength between Fiber-Reinforced Composites and Veneering Composites and Fracture Load of Their Combinations. Int J Prosthodont 2004, 17: 364-368.

2003年

六人部慶彦, 脇 智典, 絹田宗一郎, 中村隆志: オールセラミッククラウンの光透過性を高める金属焼付ポーセレンコアに関する研究.歯科審美, 15, 178-183, 2003.

Nakamura T, Waki T, Kinuta S, Tanaka H. Strength and Elastic Modulus of Fiber-Reinforced Composites Used for Fabricating Fixed Partial Dentures. Int J Prosthodont 2003; 16: 549-553.

2002年

中村隆志, 水野雅量, 脇 智典, 田中英明, 斉藤 脩: 新世代のコンポジットレジンにおける透過性および色調の変化, 歯科審美, 14, 259-261, 2002.

2001年

脇 智典, 中村隆志, 野中優憲, 六人部慶彦, 高島史男: 加圧成型による高強度セラミックコーピングの適合性.歯科審美, 13, 228-231, 2001.

ページTOPへ

学会発表、講義、講演

2016年9月3日

「前歯部インプラントセミナー:

歯頸線の位置を保つための重要なポイント」

主催:株式会社Doctorbook

東京医科歯科大学(東京都文京区)

2016年7月25日

「前歯部補綴の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2016年6月20日

「オベイトポンティックと歯槽堤

増大術の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2016年5月16日

「ラミネートベニア補綴の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2016年4月25日

「咬合再構成・全顎治療の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2016年3月28日

「インプラントの埋入時期の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2016年2月8日

「前歯部インプラントの診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2016年1月18日

「インプラント補綴の咬合」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2016年1月11日

「予知性の高い接着処置」

横浜デンタルショー(神奈川県横浜市)

2015年11月30日

「サイナスフロアエレベーションの

診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2015年10月26日

「骨造成術(GBR)の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2015年9月28日

「軟組織移植術の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2015年9月7日

「前歯部審美補綴の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2015年7月27日

「オベイトポンティック歯槽堤増大術

の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2015年5月11日

「ラミネートベニア補綴の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2015年4月27日

「咬合再構成・全顎治療の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2015年3月18日

「前歯部インプラントの診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2015年2月16日

「インプラントの埋入時期の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2015年1月19日

「インプラント補綴の咬合」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2014年12月6日

「Changing and Saving the

Gingival Line in the Esthetic Zone」

日本補綴歯科学会補綴歯科臨床研鑽会

プロソ’14 シンポジウム1

東京医科歯科大学(東京都文京区)

2014年11月10日

「前歯部審美補填の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2014年10月20日

「イナスフロアエレベーションの

診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2014年8月25日

「骨造成術(GBR)の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2014年7月28日

「オベイトポンティックと歯槽堤増大術

の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2014年6月9日

「軟組織移植術の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2014年5月12日

「ラミネートベニア補綴の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2014年4月28日

「咬合再構成・全顎治療の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2014年3月3日

「抜歯即時埋入即時プロヴィジョナル

レストレーションの診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2014年2月17日

「前歯部インプラントの3次元的位置と

診断」大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2014年1月27日

「インプラントの埋入時期の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2013年12月9日

「骨造成術(GBR)の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2013年12月2日

「よく話し、たくさん笑って、

よく食べる!」

社会福祉法人 江戸川豊生会

福楽園前原住宅センター(千葉県船橋市)

2013年11月18日

「上顎洞底挙上術の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2013年10月28日

「インプラント補綴の咬合」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2013年10月14日

“ The Diagnosis of Immediate

Implant Placement and

Provisionalization in the Esthetic

Zone”

1st South China International

Congress of Aesthetic Medicine,

Guangzhou, China.

2013年9月3日

「生涯自分の歯で食事をするために「今」

出来ること

東京愛宕ロータリークラブ(東京都港区)

2013年7月29日

「オベイトポンティックと歯槽堤増大術

の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2013年6月24日

「軟組織移植術の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2013年6月21日

「生涯自分の歯で食事をするために

「今」すべきこと」

株式会社ライフタイム・アスリート

(東京都渋谷区)

2013年5月27日

「ラミネートベニア補綴の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2013年4月18日

「生涯自分の歯で食事をするために「今」すべきこと」

ブルー・フレーム(東京都港区)

2013年4月15日

「咬合再構成・全顎治療の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2013年3月25日

「抜歯即時埋入即時プロヴィジョナル

レストレーションの診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2013年2月25日

「前歯部インプラントの3次元的位置と

診断」大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2013年1月28日

「骨造成術(GBR)のサイエンスと臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2012年11月26日

「インプラント埋入のタイミングとその

診断」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2012年10月29日

「インプラント補綴の咬合」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2012年9月24日

「上顎洞底挙上術の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2012年7月30日

「オベイトポンティックと歯槽堤

増大術のサイエンスと臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2012年6月25日

「軟組織移植術のサイエンスと臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2012年5月28日

「審美エリアの診断とポーセレン

ラミネートベニア補綴の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2012年4月23日

「フルマウスリハビリテーションの

診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2012年4月21日

「抜歯即時埋入即時プロヴィジョナル

レストレーションの診断と臨床」

CTG(東京都品川区)

2012年3月26日

「抜歯即時埋入即時プロヴィジョナル

レストレーションの診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2012年2月27日

「軟組織移植術の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2012年1月30日

「上顎洞底挙上術の診断と臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2011年12月12日

「インプラントの埋入時期とその診断」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2011年11月29日

「前歯部インプラントの3次元的埋入位置」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2011年10月3日

「インプラント補綴の咬合」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2011年9月5日

「ポーセレンラミネートベニアレスト

レーションのサイエンスと臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2011年7月25日

「全顎治療のサイエンスと臨床」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2011年6月13日

「全顎治療における診査、診断」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2011年5月30日

「審美歯科学概論」

大阪大学大学院(大阪府吹田市)

2009年8月2-5日

Nakamura T, Miyamae M, Wakabayashi K, Waki T, Yatani H. Complex Esthetic Treatments for A Patient Injured in A Traffic Accident: A case Report. The 6th World Congress of International Federation of Esthetic Dentistry, Las Vegas, NV, USA, August 2-5, 2009

2008年10月29日-11月2日

Waki T, Kleinman A, Lozada J. The Management of Implant Prosthesis in The Esthetic Zone: A Case Report. 57th American Academy of Implant Dentistry annual meeting, San Diego, CA, USA, October 29 – November 2, 2008.

2005年10月8-9日

川村芳子,若林一道,田中英明,絹田宗一郎,脇 智典,赤尾 剛,

岡本 啓,田中敏之,荘村泰治,中村隆志,矢谷博文:マイクロフォーカスX線を用いたオールセラミッククラウン内部欠陥に関する分析,第16回日本歯科審美学会学術大会,大阪

2005年1月23日

Kamiya Patricia Mitsue,六人部慶彦,脇 智典,石垣尚一,中村隆志,矢谷博文:審美性を考慮したModified Ovate Pontic (Fingertip Pontic) の臨床術式,平成16年度日本補綴歯科学会関西支部学術大会,大阪

2005年1月23日

脇 智典:上顎左側中切歯の単冠補綴により歯間乳頭を再建させた症例,平成16年度日本補綴歯科学会関西支部学術大会,

2004年12月8日

All Ceramic Restoration,Kyungpook National University (from Korea)(大阪府吹田市)

2004年11月25日

オールセラミックレストレーション

大阪大学歯学部技工研修生(大阪府吹田市)

2004年8月25日

オールセラミックレストレーション,タカラベルモント株式会社(大阪府大阪市)

2004年7月8-11日

Waki T, Nakamura T, Wakabayashi K, Nishida H, Yatani H. Effect of FRC loading position on fracture load of metal-free inlay-retained fixed partial dentures. The 9th Singapore International Dental Exhibition & Conference, Singapore, July 8-11, 2004.

2004年1月24-25日

脇 智典,中村隆志,西田尚敬,矢谷博文:グラスファイバーの補強位置がメタルフリー・インレーブリッジの破折強度に及ぼす影響,第22回日本接着歯学会学術大会,鹿児島

2004年度

歯冠補綴学,大阪歯科学院技工士学校非常勤講師

2002年11月16日

六人部慶彦,脇 智典,絹田宗一郎,中村隆志:オールセラミッククラウンの光透過性を高める金属焼付ポーセレンコアに関する臨床的研究,第13回日本歯科審美学会学術大会,東京

2002年10月29日-11月1日

Nakamura T, Tanaka H, Kawamura Y, Kinuta S, Waki T, Saito O. Translucency of glass-fiber reinforced composite materials. Transactions of The Fourth International Congress on Dental Materials, Honolulu, USA, October 29- November 1, 2002.

2002年10月29日-11月1日

Waki T, Nakamura T, Kawamura Y, Tanaka H, Kinuta S, Mutobe Y. Effects of shear bond strength between fiber-reinforced framework composite and veneering composite on flexural strength of laminates. Fourth International Congress on Dental Materials, Honolulu, USA, October 29- November 1, 2002.

2002年10月11-12日

脇 智典,中村隆志,川村芳子,田中英明,絹田宗一郎,六人部慶彦:メタルフリーブリッジ用FRCと積層コンポジット間の接着強度と複合体の曲げ強度,第108回日本補綴歯科学会,名古屋

2002年3月6-9日-11月1日

Waki T, Nakamura T. Flexural strength and bending elasticity of fiber reinforced composite systems. The 80th Meeting of IADR/AADR/CADR Meeting, San Diego, CA, USA. March 6-9, 2002.

2002年3月3日

田中英明,中村隆志,斎藤 脩,水野雅量,脇 智典,絹田宗一郎,日野年澄:メタルフリーブリッジに用いるファイバー補強コンポジット材料の透過性と色調,平成13年日本補綴歯科学会関西支部学術大会,京都

2001年11月4日

中村隆志,水野雅量,田中英明,脇 智典,斎藤脩:ハイブリッド系高分子材料の色調安定性,第12回日本歯科審美学会,福岡

2001年6月2日

六人部慶彦,脇 智典,中村俊雄,今西仰,中村隆志,高島史男:オールセラミック補綴における ポーセレンコアの力学的研究,第105回日本補綴歯科学会学術大会,東京

2000年3月5日

脇 智典,野中優憲,六人部慶彦,中村隆志,高島史男,丸山剛郎:加圧成型高強度セラミックシステムIPS Empress 2クラウンの適合性および寸法変化ならびに臨床例,平成11年度日本補綴歯科学会関西支部学術大会,大阪

ページTOPへ