麻布東京デンタルクリニック(港区南麻布)Azabu Tokyo Dental Clinic (Minamiazabu Minato-ku) 広尾駅より徒歩6分の歯科クリニック インプラント歯科・予防型歯科治療・かみ合わせ治療(補綴歯科)

麻布東京DCブログ

自分に合った歯ブラシを選ばれていますか?

歯科衛生士 福田 亜衣子

皆さま、おはようございます!麻布東京デンタルクリニック、歯科衛生士の福田です。

4月になり、春の息吹が感じられるようになってきましたね。

 

皆さまは、自分に合った歯ブラシを選ばれていますか?

今日は、麻布東京デンタルクリニックでご用意している歯ブラシとその特徴をご紹介したいと思います。

 

まずはこちらです。

<DENT.MAXIMA (デントマキシマ) 毛の硬さ MS>

この歯ブラシは、形態のバランスが絶妙で、毛先の届きにくい場所の代表である一番奥の歯に、スムーズに当てることが可能な歯ブラシです!

 

実際に使われてみると、今まで磨きにくかった場所にきちんと当たって綺麗になることが、ご自身で実感できると思います。

 

私の母も『この歯ブラシ以外では、磨いた気がしない』とよく言います。

 

日本人の口の中を計算しつくした、日本の技術が光る歯ブラシだと思います。

この歯ブラシを使用するときは、握るのではなく、鉛筆持ちをして優しく歯に当てるようにすることがポイントです。

 

DENT.MAXIMA (デントマキシマ)は、歯科医院専用販売品、つまり歯科クリニックでしか購入出来ない製品ですので、来院時にぜひお問い合わせください!

当院では、メンテナンスの予防プログラムを受けられている方で、来院のたびに次回来院までの3か月分を購入される方もいらっしゃいます。

本当に使いやすい歯ブラシです!

 

 

次にこちらです!

<TePe(テぺ セレクトコンパクト) 毛の硬さ ソフト>

この歯ブラシの最大の特徴は、毛先の質がとても優れていることです。

磨く時の感触が優しいです!

 

毛先一本一本がラウンド加工されていて、ぎっしり詰まった高密度植毛により、歯と歯肉に対して非常にソフトなのに、歯垢(プラーク)を効率的にしっかり除去することが出来る歯ブラシです。

 

この歯ブラシは、予防先進国で有名なスウェ−デンの歯科大学とTePe社の共同開発から生まれました。

 

人間工学に基づいたデザインなので、一見大きく見えますが口の中にいれると、非常に磨きやすいことが特徴です。

独自のグリップデザインで、持ち手が握りやすく、しっかりと磨くことが可能です。

色が14色もあるので、選ぶことが楽しみの1つにもなりますね!

 

 

今回は、麻布東京デンタルクリニックでお勧めの手用歯ブラシのメインをご紹介致しました。

私は、職業柄目に付いた歯ブラシは、ほぼ全てを使用しています。歯ブラシは、それぞれに色んな特徴があって、面白いです。

 

歯ブラシは、歯垢(プラーク)がしっかり除去できて、歯と歯肉を傷つけない物を選んで頂ければよいと思います。しかし、現実では、皆さまがご自身で自分に合った歯ブラシを選ぶことが難しいのも事実です。

 

私たちは、麻布東京デンタルクリニックの患者さんに、脇院長の『オーダーメイドの治療と予防を行っていく』という理念のもとで、皆さまのブラッシングの癖、力のかけ方、現在の口の中の状況、ライフスタイルの全てを把握しながら、それぞれにぴったりあった歯ブラシをご紹介するようにしています。

治療期間中と治療後のメンテナンス時で、お勧めする歯ブラシを変えるほど、私たちはこだわりを持って歯ブラシを選んでいます。

 

私たち歯科衛生士は、これからも常に新しい知識を持ち、皆さまの健康回復と健康維持のお役にたてるように、日々精進してまいります。

 

 

歯科衛生士 福田 亜衣子(Aiko Fukuda, Dental Hygienist)

インプラント歯科・予防歯科・審美歯科の<麻布東京デンタルクリニック>

広尾駅徒歩6分、東京都港区南麻布4-12-25 南麻布セントレ7階

Azabu Tokyo Dental Clinic

Tooth Whitening Coordinator, Japan Academy of Esthetic Dentistry

日本歯科審美学会認定ホワイトニングコーディネーター

日本歯周病学会会員

www.azabutokyodc.jp, www.facebook.com/azabutokyodc.jp

私たちはホスピタリティにおいてもナンバーワンを目指しています。
For appointment & inquiry  info@azabutokyodc.jp

麻布東京デンタルクリニック
facebook

予防・アフターケア 2012.04.05

一覧へ