麻布東京デンタルクリニック(港区南麻布)Azabu Tokyo Dental Clinic (Minamiazabu Minato-ku) 広尾駅より徒歩6分の歯科クリニック インプラント歯科・予防型歯科治療・かみ合わせ治療(補綴歯科)

麻布東京DCブログ

麻布東京デンタルクリニックが自由診療にこだわる理由

院長 Dr.脇 智典 D.D.S., Ph.D.

おはようございます。

麻布東京デンタルクリニック院長の脇 智典です。

今回は、麻布東京デンタルクリニックが自由診療にこだわる理由についてお伝えしていきたいと思います。

 

私は米国で、日本のような「健康保険システム」にとらわれない診断と治療を行ってきました。

 

そこでは、「患者さんの健康回復と健康維持のために必要なこと」、つまり、一人一人の患者さんに対しての、治療説明の時間、歯を長持ちさせるために必要な診療の時間、新しい医療技術の導入、新しく適切な薬剤と材料の導入、最新の設備や環境、これらを自由に使うことが出来ていました。

 

しかし、日本に帰国して、「日本の健康保険システム」の制約を強く感じてしまったのです。先に述べたことを自由に行うことが出来なくなってしまいました。

 

つまり、現状の「日本の健康保険システム」の元では、大変残念ながら、世界の最先端の「患者さんの健康回復と健康維持のために必要な医療」を成り立たせることは出来なくなってしまったのです。

 

もちろん、「日本の健康保険システム」は、世界全体をみても、多くの方が必要最小限の医療を気軽に受けることが出来る素晴らしいシステムのひとつではあります。それにより、多くの方が救われていることは分かっております。

 

しかし、日本から外に出たからこそ、世界の最先端医療の基準を感じることが出来、「日本の健康保険システム」と「世界の最先端の医療基準」との差を知ることが出来た訳です。家族や仲間に安心して提供出来る医療を、責任を持って提供するにはどうしたらよいのか、私はこの問題について真剣に考えました。

 

 

そして、私は大きな決断を行いました。

 

 

私は患者さんの健康回復と健康維持のために、「日本の健康保険システム」を越えて医療を提供していくことを決めたのです。

 

「患者さんの健康回復と健康維持のために必要なこと」つまり、先に述べた、治療説明の時間、診療の時間、新しい医療技術の導入、新しく適切な薬剤と材料の導入、最新の設備や環境、そしてホスピタリティ、これらすべてについて、一切妥協をせず、全力で責任を持って提供出来る手段を模索した結果でございます。

 

適切な口の中全体の診査、診断を行い、そして、治療方針および治療方法を、時間をかけてご説明を致します。その後、患者さんと一緒に最良の治療方法を決定し、患者さんと共に実際の治療や予防に進みます。

 

私達は、患者さんの健康回復と健康維持のために、「日本の健康保険のシステム」にとらわれず「自由な診療」を、責任を持って提供致します。

 

 

院長 脇 智典(Tomonori Waki, DDS, PhD.)

インプラント歯科・予防歯科・審美歯科の<麻布東京デンタルクリニック>

Director, Azabu Tokyo Dental Clinic

Clinical Lecturer, Osaka University, Japan

大阪大学大学院臨床講師、日本歯科審美学会認定医・評議員、

米国ロマリンダ大学インプラント歯科学Certificate

米国インプラント歯科学会認定専門医(AAID, Associate Fellow)

www.azabutokyodc.jp

私たちはホスピタリティにおいてもナンバーワンを目指しています。
For appointment & inquiry  info@azabutokyodc.jp

麻布東京デンタルクリニック
facebook

インプラント歯科治療 2011.10.19

一覧へ