麻布東京デンタルクリニック(港区南麻布)Azabu Tokyo Dental Clinic (Minamiazabu Minato-ku) 広尾駅より徒歩6分の歯科クリニック インプラント歯科・予防型歯科治療・かみ合わせ治療(補綴歯科)

麻布東京DCブログ

審美歯科とは何でしょうか

院長 Dr.脇 智典 D.D.S., Ph.D.

「審美歯科」という言葉があふれている現在ですが、皆様はどのような印象をお持ちでしょうか。
ただ「歯を白くする治療」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

私の考える審美歯科とは、歯の本来の機能を維持し、「食事を楽しみ、内蔵の働きを正常にすること」、「話をすること(発音をすること)」、「笑顔を作って感情を表現すること」の3つの機能を高いレベルで本来の状態に回復することだと考えております。
歯を白くすることで、これらの機能や歯ぐきの状態が悪くなってしまえば、本末転倒です。

歯を白くすることだけに重点を置いてしまうと、かみ合わせが悪くなったり、全体的なバランスを崩し、1本1本は綺麗でもあなたの素敵な笑顔が台無しになってしまうこともあります。また、バランスを崩すと発音がしにくくなったり、歯ぐきの状態が悪くなる事もあります。歯ぐきの状態が悪くなれば、せっかく受けて頂いた治療も歯周病やかみ合わせによる不調和で歯を失うことにつながることもあります。

歯は全部で28本あります。それには意味があるのです。1本1本の歯にそれぞれの役割があり、28本が助け合って口としての機能を発揮しているのです。

若々しく健康な歯を保つことに大切なことは、口の中全てを総合的に診ることです。1本でもバランスを崩すと、全てのバランスを崩す始まりになります。1本の歯を失うと、その両隣の歯には、大変な負担がかかります。そのままの状態が続けば、その両隣の歯は、永く機能することは難しくなるでしょう。

我々は、「たった1本」ではなく、体のバランスを保つ「大切な1本」であることを患者さんにお伝えしていきたいと思います。そして、我々はその健康維持のお手伝いをしていきたいと思っています。健康な状態こそが、最も美しい姿であると私達は考えています。

 

 

院長 脇 智典(Tomonori Waki, DDS, PhD.)

インプラント歯科・予防歯科・審美歯科の<麻布東京デンタルクリニック>

Director, Azabu Tokyo Dental Clinic

Clinical Lecturer, Osaka University, Japan

大阪大学大学院臨床講師、日本歯科審美学会認定医・評議員、
米国インプラント歯科学会認定専門医(AAID, Associate Fellow)

www.azabutokyodc.jp

私たちはホスピタリティにおいてもナンバーワンを目指しています。
For appointment & inquiry  info@azabutokyodc.jp

麻布東京デンタルクリニック
facebook

審美歯科治療 2011.08.10

一覧へ